カゴを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

かつらのカット・パーマ・カラーのポイント

かつらのカット・パーマ・カラーのポイントです。

基本的なことも含まれますが、念のため美容師さまにお願いしたいことをまとめました。
下記の内容又は、それ以外について、ご不明な点はお問い合わせください!
(電話0296−28−5097)

かつらの着け方(全頭かつらの場合)  
  • 額の位置を決めて前からかぶり、額を片手で押さえながら、かつらの襟足を下に引っ張り、
    後頭部をかつらに収めます。
    このとき額が狭すぎると、カットの時、かつらの前髪が短くなってしまうことが ありますので、ご注意ください。
  • 耳がベース(もみ上げ)に当たらないように、左右の位置を確認します。 
  • もみ上げが浮く場合は、もみ上げ金属金具を少し曲げてください。
  • 襟足のゴムの長さが長い場合は、フックの位置を変えるか、フックなしの場合、
    お客さま自身で縫って短く詰めることができます。

カットについて

  • お取り扱いは、通常の人毛と同じです、水でぬらしてカットできます。
  • 当然ですが、かつらの髪は切ってしまうと伸びません。少しずつ切りましょう。
  • ドライヤー、アイロン(乾かして)も同様です。
  • ハードタイプの整髪料は不可です。
  • シャンプーは不要です。
  • カット・ブローの時、かつらが引っ張られて位置がズレますので、時々確認して修正ください。
    特にかつらが下にズレると、切り過ぎになりますのでご注意お願いします。
    また、お客様が耳あたりに手を添えるなどして、かつらを押さえてもらってください。
  • 未使用のかつらは、分け目・つむじの髪の立ち上がりが無いことがあります。
    トップを少し霧吹きでぬらし、前から後ろに向かってすくい上げるようにブラシ
    でとかしつつ、ドライヤーで乾かすとフワッとします。
  • 分け目は、頭頂部ネット3層部分ならどこでもOKです。
  • 毛先を軽くしたい場合は、通常のカットと同様、レイヤー等で軽くしてください。
  • 髪の本数を減らしたい場合は、根元からカットしますが、あまり根元で切りすぎるとハサミでベースを
    切ってしまうことがありますので、ベースにハサミが触れないようにご注意ください。
    髪は1センチ程度の切り残しがあっても問題はありません。
    特に横と後ろの黒ネットは見えにくいのでご注意ください。
パーマについて
  • パーマは通常よりかかりずらいですので、様子を見ながらお願いします。
カラーリングについて
  • 明るい髪を暗くすることのみ可能です。
  • ベースの肌色部分に染料が付くと落ちませんので、根元から少し離してカラーリングをお願いします。

ページトップへ