カゴを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

かつらの固定方法は何がいいの?

かつらの固定方法について質問がありましたのでそれについてお話したいと思います。

かつらの固定方法はいろいろあります。

1、金属製金具

     ストッパー(大)

これは、ある程度自分の髪がある場合、自毛にはさんで固定する金具です。固定力は強くて、着脱も簡単なので

一番ポピュラーな固定方法です。当工房の髪のあるお客様にはこれをお勧めしています。

2、自分の髪が無い場合は、かつらの裏側にシリコン素材のストッパーを付けたり、襟足部分にアジャスターで

頭周りをぴったりフィットさせることで、かつらを固定させます。アンダーネットなどがいらない

ので、とても便利です。当工房の医療用などの全かつらで採用しています。医療用かつらはこちら

     アジャスターで調節可能

もっと詳しい医療用かつらの裏側画像は下の画像をクリック!

     医療用かつらの詳しい画像はこちらから

2、髪とかつらを結びつける

これはかつらの専門サロンでやられているメーカーもありますが、お風呂のときも、寝ているときもかつらを

外せないので、大変不便です。よって、当工房では不採用です。

3、両面テープ

自分の髪が無い場合、かつら用の両面テープをかつらの裏側に貼り、地肌とかつらを固定する方法です。

使用中に両面テープに汗や皮脂が付くと固定力が弱まり、ノリの部分が溶けてべたつくことがあり、使用感は

良いとは言えません。当工房では当然不採用です。

3、アンダーネット+金属製金具

自分の髪が無い場合、キツめのアンダーネットをかぶり、その上からかつらを載せ、1にあるような金具を、

アンダーネットに噛ませて固定します。しかし、アンダーネット自体が脱げてしまったら、かつらも一緒にとれる

可能性がありますので、依然として不安定な装着方法といえます。当工房では不採用です。

以上、他にもありますが、主だったものを挙げてみました。とにかく、その人の髪の状態に合わせて、着脱が楽で

使用感が良くて、何よりかつらが”動かない”固定方法が良いですね。また何かご質問がありましたらどうぞ!