RSS
 

自分の髪でかつらを作る際のメリット

世の中にはいわゆる人毛で作られた安価なかつらはたくさんあります。

なのに、なぜ敢えて自分の髪でお金と手間をかけてかつらを作るのでしょうか?

自分の髪でかつらを作ると良いことがたくさんあるからです。

●自分の髪だから安心
(誰の髪だかわからないものを身に着けることに抵抗がある人もいるのです)

●自毛との馴染みが最高に良い
(自分の髪ですから、当然です)

その他、人毛なのでいつものパーマ、カラーリングも出来ます。

ちなみに、

「店長さん(わたし)のかつらは地毛で作ったのですか?」

とよく聞かれます。

私の場合自分の髪でかつらを作れるほど、髪の量も長さもありません。

その点はとっても残念です。。。

もし出来れば絶対に自毛かつら作っていたでしょうね。
自毛かつら製作例



地毛で作ったかつらの髪は時間が経つと金髪になるの?

先日お受けしたご質問ですが正直言って、驚きました。


一体誰がそのような説明をするのでしょうか?

もちろんそのようなことはあり得ません。(笑)

弊社では、サンプル毛としてお客様から頂いた極少量のかつら用に処理したほぼすべての髪束を

万が一のために10年前から保管しておりますが、

そのような事例は今まで1つもありません。

ご安心ください。

かつら用に自分の髪をカットしたもの


10歳位までの子供の髪でかつらを作る場合

大体10歳位までの小さな子供の髪の毛でかつらを作りたい場合、


髪は細いですが、かつらを作ることはできます。

ただ、個人差はありますが、髪の色素が薄く明るめの髪もたまに見受けます。

そういう髪は、かつらに植える前、下処理剤の影響で少しだけ色が明るくなる場合が

あります。気になるときはカラーリングで色調整することが出来ます。

自然素材なので、個々の髪の性質、状態によって仕上がりに若干の差が出ますが

それぞれのケースに応じて対応しています。

自分の髪はくせ毛ですが、自毛かつらが作れますか

自毛がくせ毛で、それを使ってかつらを作る場合は


同じくせ毛のかつらになります。

例えばこんな感じです。
地毛(自毛)医療用かつら製作
ウェーブが残ります。

でも、このクセを取りたいとか、もっと違ったウエーブにしたい場合は

かつらの完成後に縮毛矯正や、パーマがかけられます。

かつらを作るとき、自分の髪が少ない場合

自分の髪が、かつら製作には足りないけど、今すぐかつらが必要な場合は、

当店の同じ色、太さの人毛を選んでブレンドします。人工毛は使用しませんのでご安心ください、

自毛(地毛)かつら製作例

自毛(地毛)が白髪染めなどカラーリングしてあるとかつらに使えないの?

いいえ、カラーリング済みの自毛(地毛)でも、かつらにできます。

髪の状態によっては、かつらにすると、ほんの気持ち程度ですが

髪の色が明るめになることがありますが

特に問題はありません。ご心配なく。

自毛かつらに使える髪

自毛(地毛)でかつらを作る時の頭頂部の髪の植え方

自毛(地毛)でかつらを作る時の頭頂部の髪は、俗に言う"アホ毛"が出ないように


多くの場合は髪を半分折にしてかつらの生地に植えて結んでいきます。

髪を生地に植えて結ぶ際に、片方の髪が極端に短いと、短い方の髪が立ち上がり

アホ毛のようになるので。こんな感じね↓
アホ毛
それを防止するためです。

ただし、ショートヘアスタイルのかつらは、少しアホ毛があったほうが

自然に見える場合もあり、かつらを使う方の好みでかつらのヘアカットの時に

アホ毛を作られる場合もあります。私も少しアホ毛を作ってもらっています^ ^

ご参考までに。





自毛(地毛)を束ねてカットするときに使うゴムは髪用をご使用ください

自分の髪(自毛・地毛)をカットして保存する場合は、必ず髪用のゴムをご使用ください。

例えばこんな感じの↓

髪用のゴム

事務や工作で使う普通の輪ゴムは、すぐ劣化してしまい保存には不向きですので使わないでください。

例えばこれです↓

普通の輪ゴム

知らないうちにゴムが切れて、せっかく束ねた髪がバラバラにならないように気を付けましょう。

縮毛矯正したことのある自毛(地毛)を使ってかつらを作る場合

縮毛矯正したことのある自毛(地毛)は、特に傷みがひどくなければ、


かつらにすることが出来ます。

ただし、縮毛矯正した髪は、クセを薬剤で取ってあるため

その上からウエーブをつけるためにパーマをかけること出来ません。

そのままストレートの状態のかつらになります。

もし毛先などに、たまにカールをつけたい場合は、

かつらにヘアアイロンなどでカールすることは出来ます。


縮毛矯正歴のある自毛の使用について

自毛かつらに使う地毛はパーマがかかっていては使えないの?

いいえ、使えます。

もしパーマでウェーブがある髪は、少しウェーブが取れますが、

問題ありません。

もし、かつらの髪を、もう少しストレートにしたい、あるいは、ウエーブをつけたい場合は、

完成後に再パーマで微調整できます。

人毛はこういう時にとても便利なんですね。

自分の髪をかつら用にカット

かつらに使う自毛(地毛)はカットの前に染めたほうがいい?

「自分の髪でかつらを作るためにカットするんだけど、白髪交じりなので染めてから
カットしたほうかいい?」

自毛かつらを作られるお客さまからこのようなご質問がありました。

いくつか選択肢があります。

1)白髪交じりのかつらを作りたい場合は染める必要はありません。そのまま使います。

2)自分の髪に白髪が入っていても、白髪交じりでないかつらをご希望の場合は、

 ・白髪の本数が多ければ、カットの前に染める

 ・白髪の本数が少なければ、工房で白髪を抜いて製作

ご参考にしてください。

家族(女性)の髪で男性用かつらを作ってお父さんにプレゼントしたい

娘さんや奥様の髪で、愛するお父さん、ご主人様のかつらを作りたい、

そんなご要望もあります。

「そちらは”女性用専門”ですか?」というお問い合わせがあります。

理屈的には男性も女性も変わりなく、製作可能ですのでご安心ください。

実際に、男性のかつらをお作りすることがあります。

かつらは元々、男性用が主流です。

弊社の職人は昔から全員男性用かつらを多く手掛けているベテランです。

何も問題はありません。

ご興味があればお気軽にご相談くださいね。

何十年も前に自分の髪で作った付け毛で自毛(地毛)かつらは出来ますか?

もちろん出来ます。最近増えているケースです。

ずっと前に自分の髪で作っておいた付け毛の髪を使って

自毛(地毛)のかつらが出来ます。

30年、40年前の付け毛でも大丈夫です。(事前に少量で薬剤テストします)

箪笥に眠っているヘアピースがありましたら、ぜひご利用ください。

最近ご依頼のあったヘアピースはこんな感じでした。

ある程度長さがあれば使えます。

自分の髪で作った付け毛を使ってかつらを作る

何十年も前に自分の髪で作った付け毛をリフォーム

若いころに自分の髪で作ったヘアピースで自毛かつらを作る

ちなみに、その付け毛がかつら製作に必要な髪の量に達しない場合は

当方の同じ髪を自然に見えるように加えて仕上げることもできます。

「うちにも昔のヘアピースあるけどかつらに出来るかな?」と思ったら

ご相談ください。

自毛(地毛)かつら製作に使った自毛が余ったら?

たくさん自毛(地毛)が余ったら大事に保管しましょう。

かつらは1度作ったら永久に使えるわけではありません。

感覚としてはお洋服と同じです。

ずっと使っていれば、傷みも出てきます。

そんな時、自毛(地毛)を保存していればその髪を使って

増毛など修理ができます。

こちらが余りの髪の一例です。

かつら製作に使った自毛が余ったら?

もう1つかつらが出来そうなほど、結構な長さと量でした。

自毛(地毛)かつらの髪は治療が始まった後にカットしても大丈夫?

はい、抜けてしまう前なら大丈夫です。

最近の抗癌治療は通院しながらのケースがとても多いですね。

だから、

治療開始後にお時間のある時を利用してカットされてはいかがですか?

自毛(地毛)のカット・保存方法はこちら

かつら用に自分の髪をカットしたもの

自毛(地毛)かつらは家族何人かの髪を集めて作っても大丈夫ですか

髪は、極端に違う(パーマ、色、長さなど)髪でなければ

何人かの髪を合わせて1つのかつらを作ることが出来ます。

植える前の下準備として均一に混ぜますのでご安心ください。

ご家族、たとえば姉妹、親子などで髪を出し合って

世界で1つだけ、愛情、パワーいっぱいのかつらをプレゼントするのはとても素敵ですね。

自分の髪(自毛・地毛)だけでかつらを作りたい

自分の髪(自毛・地毛)だけで、かつらを作りたい方もおられます。

特に部分かつらに多いケースです。

部分かつらの場合、自分の髪(自毛・地毛)のみで作るのも比較的可能です。

その場合は、まずは頭の型取りをして、

大体のベース(かつらの髪を植える下地の生地部分)の

大きさを決めます。

そして、お客様の髪をいただいた後、

必要であればベースサイズの修正をします。

少しぐらいベースを小さくしても、

見た目は変わりませんのでご安心ください。

自分の髪だけでかつらを作りたい

かつらに自毛(地毛)を植える場所は

万が一、自分の髪が足りない時は

当方の同じタイプの色、太さ、クセなどが同じ髪を足すことが出来ます、というお話はさせて頂きました。

ではその場合、どこに足すんでしょうか?というご質問を頂きました。

それは、長さにもよりますが、大抵はかつらの髪がより長く仕上がる位置を選ぶことになります。

ただし、その部分だけお客様の髪を集中的に植えてしまうと

何となく光の反射の加減などで微妙な違和感が出来ることがあります。

不思議ですが、これはDNAレベルの違いといいますか、

分かり易く表現すると、自分と同じ姿形をした人は存在しないのと同じ、というようなことなのです。

なので、見た目の不自然さを防ぐため、ある程度は当方の髪と、お客さまの髪を均一に混ぜて植えております。

何卒ご理解ください。

自毛(地毛)かつらを作る前に知るべきこと

自毛(地毛)で作るかつらは、その名の通り自分の髪で作ります。


よって、着ける人にとってはとても安心感があります。

実際に、特に部分かつらの場合は、自分の生えている髪と

かつらとの境目の馴染みは最高に良くなります。

ただ、知っておくべきこともあります。

かつらに使う自分の髪がパーマ、カラーリングなどで

万が一傷んでいる場合、かつらにすると絡むことがあります。

それは、かつらを作る前に分かる時と、作って、そして使ってみないと

分からない時があります。

当然のことですが、髪は一人一人日々のお手入れの仕方も違います。

それによっても、髪のダメージに差が出るのです。

作る前に絡みが予想できる場合は、そのことをお知らせしますが、

一見ダメージの少ない髪の場合も多々あるため、予測できないこともあります。

それは事前にご説明してご了承頂くようにしています。

そして、万が一絡んでしまうようなことがあれば、

もちろん当方の髪を使ってその部分を自然に仕上げ直しさせて頂きます。

本当は、お客様の髪だけでかつらを作って差し上げたい想いは

変わりませんが、使う素材が髪という天然素材である以上、

そのようなリスクがあるのは仕方のないことなのです。

ただ、お客様に寄り添い、ご一緒に問題を解決していく姿勢は

変わりません。

自毛かつらの長所と短所

【長所】

_燭箸い辰討癲⊆分の髪なので自毛との馴染みが良い、というか同じ。

∪色・パーマができる。

かつらに植える際に余った長い髪は、修理時に利用できる。

【短所】

‥たり前の話ですが、ずっと使っていると傷みます(人工毛でも同じです)。
寿命は人それぞれですが、朝から晩まで1年中ずっと1個の製品を使い続けると、
おそらく約1年程だと思います。ただ、ほとんどの場合修理できます。

▲轡礇鵐廖嫉の髪の絡みが多い。

髪にも個人差があり、髪のダメージ等でどうしても絡みやすいものがあります。
なので、付属のDVDを見てからシャンプーをお願いしております。
特に初めてのシャンプーは、丁寧にお願いします(特にロングヘア)。
一度シャンプーのコツを覚えてしまえば、決して難しいものではありません。

ちなみに、万一絡んでしまった場合は、修理できます。
ただ、修理費用と、お預かりのためお時間がかかりますので、気を付けて下さい。

【自毛かつらページ】

        
    キューティクル付      キューティクル無し加工

お電話での匿名相談はこちら
    ↓ ↓ ↓

 当店の電話 0296−28−5097
 
(受付時間: 月〜金10:00〜17:00)

 店長・野沢の直通電話 080−6806−1100
 (土日・祭日や営業時間外に対応します・お急ぎの方はこちら)

メール匿名相談はこちら (24時間受付)

自毛(地毛)かつら用の髪は選別時に減ります

自毛(地毛)かつら用にお預かりしたお客様の髪は、製作の時には髪の長さの選別があります。

そのときに、植えるのにはどうしても残念ながら短すぎる髪があります、そのためその髪は除きます。

かつらに使える髪の量は、頂いた時よりもどうしても減るとお考えください。

よく、かつらを作るにはにはどれくらいの量や、本数が必要か、これで足りますかなど

ご質問いただきますが、それは、よほど量が多い場合を除いて製作前ではよくわかりません。

ただ、髪の選別が終われば足りるかどうか、はっきりしますのご自分の髪だけで

かつらを作りたい場合は、ベースの大きさを変更するなどの、再度の打ち合わせを

させて頂くことになります。




将来のためにかつらを作っておくのはアリ?

かつらは今は必要ないけれど、

「いつか(ずっと先、10年以上etc.)使うときのために、作っておくのはどうかな?」

こんなご質問をよくいただきます。

結論から言いますと、「ノー」です。

というのは、かつらに使う髪は意外に丈夫です。古代遺跡から発掘されるミイラにも頭髪が残って

いるくらいですから。

でも、髪が植わっている、いわゆる”ベース”部分はどうでしょうか?

ベース部分には、いろいろな素材が使われています。シルク・綿・化繊・金属・ゴムなど。

これらの中には、経年劣化する素材も含まれます。そのため、何十年もすると、

たとえ未使用でも、残念ながら傷みが出てきます。

かつらを使うご予定が出てきたら、製作の準備をされることをお勧めします。

「自分の長い髪が今あるんだけど」という場合は、ぜひ大事に保存なさって下さいね。将来使えるかもしれません。

縮毛の場合の自毛(地毛)かつら製作

もともと縮毛の方が自分の髪でかつらを作る場合は

縮毛の矯正はどうしたら良いでしょうか?

まずは、自毛(地毛)の縮毛を普通に矯正して頂き、

その後に 束ねたままカット、保存して頂くのがよろしいです。

カット方法はこちらをご参考ください。

http://www.o-da-katura.com/hpgen/HPB/entries/320.html

自分の髪が短くても自毛かつら出来る?

「自毛かつらを作りたいんだけど、自分の髪の長さが25cmには少し足りない。

それでも、かつらをどうしても作りたい場合は、出来ますか?」

というお問い合わせをよく頂きます。

結論から申し上げますと、 はい、できます。

ただし、頂いたお客様の髪は使える長さのものを、

植えられる場所に使わせて頂くことになります。

例えば、襟足あたりの髪は、短くても大丈夫です。

もちろん、かつらの見た目が自然になるように混ぜて植え込みます。

そして、かつらの出来上がりは通常はショートヘアですが、

それでも、それ以上長い、 例えばセミロングのボブスタイル等がご希望の方もおられます。

そういう場合は当方の長い髪をうまく足すことで、長い髪のかつらを作ることができます。

どうしても短い自毛でかつらが作りたい方のために、

私たちは知恵を絞って臨機応変にご対応させて頂きます。

髪の長さで諦める前に、一度ご相談ください。

ページトップへ