自分の髪(自毛・地毛)で かつら製作専門工房

かつらの特徴

  • HOME »
  • かつらの特徴

①とにかく見た目が自然であること

かつらユーザーが一番心配なのは、「他の人が分かっちゃう」ことです。

バレる様なかつらなら、最初から着けないほうがマシです。

私自身も、バレるかつらは着けたくないですから・・・

1.分け目は、リアルな人工皮膚または通気性のあるシルクシフォンで、
本物の分け目と見分けがつきません!

2.使用するのは自然な人毛100%です。キューティクル付き、無しのどちらかを
お選びいただきます。

※キューティクルについてはこのページの最後にありますのでご確認ください。

3.作るのは、かつらを知り尽くしたかつら職人の家に生まれた3代目(韓国人)です。
本物そっくりの人工皮膚 

②着け心地が良いこと

かつらを着けていて、忘れるくらい快適であるために、

”軽く・涼しく・しっかり固定”にこだわっています。

部分かつらは、通常はこのように丈夫で軽く・涼しいネットと

リアルな人工皮膚を組み合わせていますが、

お客様のライフスタイルに合わせ、造りはその都度変えるようにしています。

【部分かつらの裏側一例】
裏側のつくり

また、医療用かつらは、柔らかな低刺激素材・取り外し可能金具・シリコン加工で

治療中でもCT・MRIが着けたまま受けられます。

アンダーネットも要らず着脱が楽で、安心して治療に専念できます。

【医療用かつらの裏側一例】

 

ベースのフィット感  かつらの裏地は通気性の高いネット

 【キューティクルについて】 

キューティクル=髪の表面のウロコ状の表皮です。通常は、加工して剥がして使用します。

なぜわざわざ剥がすの?と思われますよね。下の画像を御覧ください。

こちらは、本来の私たちの髪の状態で、髪を保護する役割を持つ、毛表皮(キューティクル)がある人毛です。

キューティクルは、髪を保護し髪の内部の栄養素が外に漏れないようにしています。

一定方向にある鱗状の毛表皮(キューティクル)は、かつらに植える際に

すべての髪の根元、毛先をきちんと揃えて植えないと絡むため、かなりの時間・手間が必要です。

かつらに使うキューティクル付人毛

かつらに使うキューティクル付人毛

一方こちらは、希塩酸処理で毛表皮(キューティクル)を剥離した人毛です。

髪を保護するキューティクルが無いので、あるものに比べてどうしても傷みやすくなります。

ただしかつらに植える際に、毛表皮(キューティクル)が剥離されているため、

髪の根元、毛先を揃える必要がありません。

そのため、このタイプの人毛は比較的安価な人毛かつらに使われます。

かつらに使うキューティクルなし(剥離処理)人毛

かつらに使うキューティクルなし(剥離処理)の人毛

そんなわけで、ユーザーである私たちは

キューティクルがある・ないでかつらの耐久性や見た目にも影響が出るということを

知った上で、自分に合ったかつら(ウィッグ)を選びたいですね。

ご相談受付中 TEL 0296-28-5097 受付時間 9:00 - 18:00
土・日・祝日・営業時間外はスタッフに転送します。お急ぎの場合はご連絡ください。

かつら製作画像集

店長のお部屋

PAGETOP